【原神】Ver.2.0メインストーリー 第二章第一幕 攻略チャート【稲妻地域】

【原神】Ver.2.0メインストーリー 第二章第一幕 攻略チャート【稲妻地域】

原神のVer.2.0のメインストーリー【鳴神不動、恒常楽土】、第二章第一幕の攻略チャートです。

 

やっと「稲妻地域」が追加されましたね。

魔人任務【鳴神不動、恒常楽土】を進めるときの参考にしてください。

 

前提条件としては、冒険者ランクが30以上であることと魔人任務第2章プロローグ【秋風に舞し紅葉】をクリアしていることの2つです。

 

前提条件をクリアしていないと、第2章第1幕を解放できないので注意してください。

 

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

出航の日

・「璃月港のキャサリンに、稲妻に行く方法を尋ねる」

まずは璃月港のキャサリンの所に行き、第二章第一幕【鳴神不動、恒常楽土】を解放します。

 

・「「死兆星」号で北斗を探し会話する」

メインストーリーが解放されたら、「死兆星」号にいる北斗に話かけましょう。

「死兆星」号は海の上に浮いているので、ガイアなどの氷元素で海を凍らせて行くか、滑空を使って行くといいです。

 

船に乗っている北斗に近づくと、自動で会話が始まります。

 

会話が終わると、稲妻地域に出発です!

 

稲妻到着までしばらくムービーが流れます。

 

異郷人の懺悔録

稲妻についたら、新キャラ「トーマ」と出会います。

 

・「トーマと一緒に審査所に行き登録をする」

審査官の「蔭山」に話しかけると登録できます。

 

・「トーマと一緒に遠国監査に行って手続きを行う」

審査官の「百合華」に話しかけましょう。

 

・「万国商会に行って商会成員の状況を把握する」

「万国商会」会長の久利須に話しかけます。万国商会の入り口のところに立っている人です。

 

・「晶化骨髄を売っている商人を探す」

ついでにMAPを解放しておきましょう。

七天神像を見つけておくと、稲妻地域の鳴神島の全MAPが解放されるので、今後任務を進めていく上でわかりやすいです。

 

ヴェルナーという名前のNPCが晶化骨髄を売っている商人です。

 

・「情報についてトーマに助けを求める」

トーマの所にいき、話しかけます。

 

・「もう一度商人ヴェルナーと交渉する」

ヴェルナーの所に戻り、もう一度話しかけます。

 

・「ヴェルナーにモンドの品物を見せる」

モンドの特産品なら何でもいいようです。

数が多くて余っている物を渡しましょう。私は「蒲公英の種」を渡しました。

 

「ヴェルナーに璃月の品物を見せる」

これも同じように璃月の特産品を見せましょう。

私は「星螺」を渡しました。

 

・「足軽の慶次郎を見つける」

目的の場所に行くと自動で任務が開始されます。

 

足軽の慶次郎に見つからないように後を付けます。

ある程度離れたり、物陰に隠れないと見つかってしまうので注意が必要です。

 

赤いゲージが満タンになると失敗になります。

もし見つかっても、慶次郎を見つけたところから始まるので安心してください。

 

 

・「慶次郎が悪事をした証拠を見つける」

□ボタンで採掘をすると、証拠を見つけることが出来ます。

 

・「事の経緯を万国商会に教える」

万国商会に行くと、自動でムービーが始まります。

 

・「トーマと会話する」

近くにいるトーマと会話をしましょう。

離島脱出計画

・「離島から離れることを試みる」

離島から離れようと関所に行くと、自動で会話が始まります。

・「勘定奉行所に行って離島から離れる方法を尋ねる」

勘定奉行所に行くと自動で会話が始まります。

・「勘定奉行慎介と会話する」

勘定奉行所の奥に行くと、「柊慎介」がいるので話しかけましょう。

 

・「勘定奉行所を離れる」

勘定奉行所を離れ、目的の場所に行くと自動で会話が始まり、手紙を入手できます。

 

 

・「約束時間(18時~24時)に柊家のお嬢様と会う」

メニューから時計を選び、時間を18:00~24:00の間に合わせましょう。

・「柊千里に会う」

時間を合わせると、柊千里と会うことができます。

 

・「離島の辺境に行って千里の計画を実行する」

 

・「貨物を護送して離島を離れる」

運搬用の熱気球があるので、□ボタンで【起動】をすると貨物の護送が始まります。

 

・「運搬用の熱気球をゴールまで護送する」

3回にわたって敵が出現するので、熱気球が壊されないように注意してください。

モンドや璃月にはいなかった、稲妻地域の敵キャラも出てきます。

5分以内で、熱気球が壊されずにゴールまで行けばクリアとなります。

 

3つの願い

「「木漏茶屋」に行く」

木漏茶屋に行くと自動で会話が始まります。

・「「木漏茶屋」に入る」

スポンサーリンク

Advertisement

 

・「「千手百目神像」に行く」

千手百目神像の近くに行くと自動で会話が始まります。

アチーブメント「人々の願いを紡いだ詩」を入手できます。

「社奉行所に行く」

 

□ボタンで社奉行本部に入ると、会話が始まります。

会話が終わるとアチーブメント「屏風背後の白鷺の姫君」が入手できます。

無意味に待つことの意味

・「紺田村の状況を調べに行く」

紺田村にワープすると自動で会話が始まります。

・「人々から情報を聞く(0/2)」

近くにいる【真昼】と【健次郎】に話しかけ、話を聞きましょう。

・「手島と会話し、状況を確かめる」

真昼と健次郎の目の前にいる【手島】に話しかけます。

・「手島の記憶の手がかりを探す」

手島の後ろの建物に【日記】が落ちているので拾いましょう。

【スミレウリ】の近くにあります。

・「近くの祠を調査する」

近くにある祠に行くと、【痕跡を観察する】と出るので、□ボタンで痕跡を観察しましょう。

・「元素視角を使って日記の中の手がかりを探す。」

元素視角を使用すると、紫色の光が現れます。

紫色の光が指す方向に向かって進みましょう。

元素視角を使用して光を辿っていくと、木の近くの石に止まります。

【黄ばんだ手紙】が入手できます。

・「手島と会話する」

手紙を入手したら、手島の所に戻り話しかけましょう。

仁義を通す人には善意を持って接るすべき

稲妻城の目的地に近づくと自動で会話が始まります。

・「武士黒澤と会話する」

黒澤京之介に話しかけましょう。

・「黒澤家を略奪した宝盗団を見つける」

目的地に行くと自動で会話が始まります。

・「宝盗団を倒す」

・「雑貨店の葵と会話し、状況を確かめる」

稲妻城の雑貨店にいる【葵】に話しかけましょう。

・「武士黒澤と会話する」

もう一度黒澤の元に戻り、話しかけます。

スポンサーリンク

Advertisement

 

夢によって敷かれた剣道家の道

 

稲妻城の目的地の場所に行くと自動で会話が始まります。

・「夜になって邪気払いの儀式が始まるまで待つ(18時~24時)」

メニューの時計から、時間を18時から24時の間に設定します。

18時から24時の間なら何時でも大丈夫です。

私は18時33分にしました。

・「純也と会話する」

18時から24時の間になると、純也と会話できるようになります。

・「不審者の痕跡を追う(0/3)」

不審者の後を追って、痕跡を3つ見つけましょう。

・「不審者と会話する」

痕跡を3つ見つけた後、不審者【???】がいるので話しかけます。

・「剣術道場に戻る」

剣術道場に戻ると自動で会話が始まります。

・「鳴神大社に行き大巫女に会う」

鳴神大社の目的地に着くと自動で会話が始まります。

獄中に咲く花

・「社奉行所に行って神里綾華に会う」

扉の前で、【社奉行本部へ入る】を押すと、会話が始まります。

会話が終わると、アチーブメント【御守り、仁義、天下一】が入手できます。

・「「長野原花火屋」に行く」

目的地の場所に行くと自動で会話が始まります。

スポンサーリンク

Advertisement

・「町奉行に行って正勝先生を救出する」

町奉行の裏の方にある【隠し通路の入り口】から秘境に挑戦できます。

秘境は【町奉行所の牢屋】で、推奨チームレベルは90となっています。

推奨元素は、炎元素と氷元素です。

私は、クレー、ディオナ、エウルア、鍾離の4PTで挑戦しました。

レベル90は2体でしたが、クリア可能でした。

秘境【町奉行所の牢屋】をクリアすると、アチーブメント【牢屋敷の花火大会】が入手できます。

・「木漏茶屋に戻る」

木漏茶屋にもどり、□ボタンで「木漏茶屋」に入るを押すと、自動で会話が始まります。

会話が終わると、【鳴神不動、恒常楽土】第二章第一幕が完了となります。

第二章第一幕を完了すると、アチーブメント【鳴神不動、恒常楽土】が入手できます。

 

第2章第2幕を進めるには、「琉金の章 第一幕」と「雪鶴の章 第一幕」をクリアする必要があります。

 

スポンサーリンク

Advertisement